Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Nachiko コメント

これから出逢う方達 今出逢えた方達、こんな奴が居るって、心に留めて下さったなら光栄です。
そして長い長い時を経て 型にハマれない奇妙な生き物の私を覚えていて下さってありがとう
ございます。
皆様のコメントが、本当に とても嬉しいです。
アッチャコッチャと飛んでいく引き出し人間で
す。
心からの感謝を込めて。

Nachiko拝

Nachiko Official Twiter
https://twitter.com/NachikoOfficial

Nachiko Official facebook
http://www.facebook.com/NachikoOfficial


オリジナル表示

[お知らせ]

ソニーミュージックより「薬屋の娘」「お花畑は水びたし」「髪舞」の再販が 決定いたしました。
発売日2014年5月中旬の予定です。
皆様のおかげで念願のCD化を果たす事が出来ました。
本当にありがとうございます。
これからもNachikoをよろしくお願いします。
 ーサイトスタッフ一同ー

なお予約は現在も受付中です。


BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ
最新コメント
カテゴリ一覧

サイト内キーワード検索

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

雪が舞い散る街で…

3月の頭の東京は寒い。
犬達とストーブを見ていると
露骨にわかる。

そんな今日…

ウチのスタッフさんが
咳が止まらなくなって
一睡も出来なかった
とかで 真っ青な顔をしていた。

あら、ま!

とにかく咳を止めないと
食事も出来ないし眠れない
というではないか。

普段から薬に頼らない方なので
常備薬など無い。

あまりに苦しそうなので
私が対処療法で何とか
しなくてはと思った。

対処療法は西洋医学。

さっそく街に買い物に出た。

寒いなぁと思っていたら
雪が降っていた。

東京の3月の雪は春の
訪れを意味する。

指先まで冷たくなる。

うう…私 寒さに弱い。

スタッフさんの症状を
聞いていたので薬局に行って
幾つか薬をチョイスした。

レジに薬剤師がいた。

最初 「お風邪ですか?」
「どんな症状ですか?」
などと聞いてきた。

総合感冒薬を勧めてきた。

そんなの今飲んでも
対処出来ないと思って
断った。

それで こちらでチョイスした
わけなんだけれど…

そしたら
「なるほど。医療関係者の
方ですか?」
などと聞かれてしまった。

「いいえ。
ただの薬屋の娘です。」
と答えながら
自分の1stのアルバムタイトル
を思い出して可笑しくなった。


それから 何とか
力をつけさせなくてはと
思ってパワーサンドイッチ
を作るため足りない食材を
買いに行った。

パワーサンドイッチとは
以前 希木樹林さんの
お宅に出入りしていた頃
娘さんを通して知った
サンドイッチで、
海外生活の多い娘さん
には普通の食べ物だった
のだと思うけれど
私には精が付くので、
勝手に そう呼んでいる。


ウチの方で買い物に出る
となると
どうしても麻布十番になる。

急いでいるのだけれど、
ついつい街並を じっくり
見てしまう。

本当に以前の面影が
どんどん消えていく。

不思議なもので
定着しない場所が必ずある。

そこの場所は いつも
新しい店が出来ては
なくなり、また新しい店
が出来ては無くなりを
繰り返している。

私が全く知らない店が
古めかしい外装になっていて
「麻布の老舗○○」とか
書いてあって何人か
並んでいたりする。

そんなの麻布名物じゃない
のに…と思うのに。


つい最近 何かで
“敬遠する場所”の
ワースト3に麻布が入っていた。


ここが故郷の私には
書かれている内容に誤解と
偏見が あまりにあって
悲しくなった。

やたら お金持ちが多いとか
書かれている。

それって他の地域にも
大金持ちは住んでいる。

坂が多いのは当たっている。

率直に言えば大金持ちもいる
けれど、大金持ちの人が
引っ越してくるから
お金持ちが多い街だと
思われているのだと思う。

だって地元民は地味だもの。

地元民は街を愛してるから
街を汚さない。

でも 外から来た人達は
平気で街を汚す。

たとえば東京の三大夏祭りの
麻布十番納涼大会にしても
以前と今では別物。

もうずっと私は行っていない。

とても行けるシロモノ
ではなくなってしまった。

前は愛犬を抱いて出かけられた。

地元の店が出店していて、
顔馴染みの人が露天で
食べ物を出していたり、
もっとアットホームだった。

大使館の人達が それぞれの
国の料理を出店していて
とても美味しかった。

露天の商品も十分見れたし、
息苦しさもなく
この納涼大会が終わると
秋になるんだと
毎年思っていた。


もっとも この地域は
山手線の中にあって
交通手段が不便で
バスの本数の多い
地域だった。

「陸の孤島」とか
呼ばれていた時代もある。

日比谷線が離れたところに
通っているくらいだった。

渋谷に出るのにバスで
45分〜60分。

新宿に出るのに混んでいると
1時間半もかかることさえ
あった。バスでだけれど。

それが今では
麻布十番から地下鉄で
新宿まで乗ってしまうと
12分という凄い早さ。

これでは街が変わるはず。

根っからの地元民は
街の変化に付いていけない
でいるのではないかな。

引っ越している人も
かなり居るもの。

大きな高級マンションが
建って街は さらに
変化していく。

きれいに着飾った人達が
行き交う中を
私みたいな奴が いつもの
格好でホタホタと歩いて
いるわけで…


前も書いたけれど
よく「東京の人は冷たい」
とか言われるけれど、
それは 純粋な東京人は
東京に2割居るかどうかで、
あとは それぞれ違う地域
から来ている人達で、
他に故郷を持っている。


東京に住んでいる人=
東京人 ではない。


東京にも方言はあるし、
風習もある。

一ローカルでしかない。

他の地域から来た人が、
東京に住んでいる他の
地域から来た東京に
住んでいる人を見て
「東京の人は冷たい」
と言っていることが多い。

同じことが麻布にも言える。

大使館が やたらに多い
という特徴はあるけれど、
そんなワースト3にされる
ほど酷い街ではない。

それこそ偏見である。

一部の裕福層ばかりを
見過ぎだとしか思えない。

違う地域に もっと上品で
裕福な方達が お住まいの
場所があることを
私は知っている。
幾つもある。

六本木も今や年齢層が
下がり、大人の街では
なくなった。

今は無いが それを最初に
感じたのは
パブカーディナルという店が
無くなり、パチンコ屋さんが
出来た時だった。


前 六本木にピット・インという
ライヴハウスがあって
私もライヴをやったことが
あるが、そこの前に
アイスクリーム屋さんがあった。


今思うと、無謀だったと
反省するけれど
コーンにアイスを3段に積んで
もらい食べながら歩いていた。

六本木の交差点で見事に
アイスクリームが崩壊し、
横断歩道を渡っている最中
人前なのに大泣きした。

人生で人前で泣いたのは、
それが今までで最初で
最後なのだ。

それ以降、アイスクリームは
絶対にカップで食べている。


六本木も東風が無くなり、
スイートベイジルが出来たと
思っていたら それも
つい最近 なくなった。

私は雪の舞う街を歩きながら
変わっていない店を見つける
のが趣味になっている
ことに気づいた。

代替わりしていても、
店が改装されていても
そこにあってくれると
ホッとする。

子どもの頃に食べた味。

いつまでも残っていて
欲しい味。

足りない時 急いで買いに
走って間に合って助かった
日常用品店。

オシャレなブティックなどに
変わらないで欲しい。

場所的に派手な人が住んでいる
場所がある。

どこから引っ越して来たのか
わからないけれど超お金持ち。
感覚が違う。

きっと私には理解できない
感覚なのだと思う。

何が良いとか悪いとかでは
なく 自分に合うか
合わないかの問題も
大きいと思う。

あとは自分が それを求めるか
求めないかというのも
大きいと思う。

人の価値観は その人の数だけ
あるわけだから それで良いと
思う。

私は 雨風しのげて 最低限の
犬猫を守れる環境があったら
最高だと思う。

こうしている間も
屋根の無い処で凍えている人達が
いる。

些細な事かもしれないけれど、
私は寒い日は必ず感謝する。

食べ物を与えてもらえる
ありがたさ。

雨風に打たれないで居られる
ありがたさ。

犬猫にフードを食べさせて
あげれる ありがたさ。

私の暮らしは非常に
シンプルで削がれたものかも
しれない。

必要な物だけあれば あとは
いらない。


帰り道は雪が小降りになった。

スタッフさんに手作りの
イオン水をたっぷり
飲ませて脱水させないように
しなくちゃと思った。

私の手作りイオン水は
市販のイオン水より、
はるかに美味しい。

浸透圧が体内と同じだから
吸収も良い上、何も
添加物も入っていないから
安心この上無し。

この季節 風邪をひきやすい
ので皆様も
気をつけて下さい。

カテゴリ:1音楽 2メンタル 3日記
2014-03-07 19:54:53|投稿者:Nachiko
トラックバックURL