Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

Nachiko コメント

これから出逢う方達 今出逢えた方達、こんな奴が居るって、心に留めて下さったなら光栄です。
そして長い長い時を経て 型にハマれない奇妙な生き物の私を覚えていて下さってありがとう
ございます。
皆様のコメントが、本当に とても嬉しいです。
アッチャコッチャと飛んでいく引き出し人間で
す。
心からの感謝を込めて。

Nachiko拝

Nachiko Official Twiter
https://twitter.com/NachikoOfficial

Nachiko Official facebook
http://www.facebook.com/NachikoOfficial


オリジナル表示

[お知らせ]

ソニーミュージックより「薬屋の娘」「お花畑は水びたし」「髪舞」の再販が 決定いたしました。
発売日2014年5月中旬の予定です。
皆様のおかげで念願のCD化を果たす事が出来ました。
本当にありがとうございます。
これからもNachikoをよろしくお願いします。
 ーサイトスタッフ一同ー

なお予約は現在も受付中です。


BLOGカテゴリ&サーチ

最新エントリ
最新コメント
カテゴリ一覧

サイト内キーワード検索

動作環境

Windows 7, vista, XP
Mac OS X 10.x
Internet Explorer 7以上
Mozilla Firefox 2~6
Safari 3以上
Windows Media Player 9以降
Adobe Flash Player バージョン8以上
* Cookie および ActiveXを有効にしてください


動作環境について

昨日から降り出した雨。
東京は雨が降り続くらしい。

気温が下がっていたら雪になって
いかたかと思うと
まだマシだったのかな。

春に向かう雨なのに
どこか陰鬱な感じがするのは
何でかな…

お天気が悪いと仮設住宅の方達
の事や 被災されて まだ
大変な状態の方達の事を
思い 心のどこかで重くのしかかって
いる。

あの震災以来 心から笑えなくなった。
娯楽に対しても楽しめなくなった。

楽しい事大好き人間の私が
年間パスポートまで買って
通っていたディズニーランドにも
スッパリ行かなくなった。

どうしても そんな気分になれなかった。

小さな気分転換程度を求める
くらいになっていった。

そんな私が 雨の日に必ず頭を
過る曲がある。


フレデリック・ショパン作曲の
前奏曲24曲と独立曲2曲の
計26曲からなる曲集
(ピアノのための作品)
から第15番の曲だ。


「雨だれの前奏曲」
この第15番変二長調は
ソステヌート、4分の4拍子。
とても有名な曲だ。

前奏曲24曲の中で最も演奏時間が
長い。弾き手の個人差もあるが
5分は最低かかる。

繋留音が異名同音で
これほどまでに変二長調と
嬰ハ短調の対比をさせるのは
この作品だけだと書かれている。

割と弾くのは難易度は高くない。

しかし聴くと わかるが
その独特なメロディアスな
始まりから雨だれを感じる部分など
作曲のレベルが半端でないことを
痛感させられる作品でもある。

右手と左手が十分感情をこめて
バラバラに動かせるようで
ないと弾けない。

幼い頃 この曲を弾いてる人を
目の前で見て いつか自分も
弾けるようになりたいと
思っていたので雨だれを表現
する部分や 少し雨が止みかけた
ような雰囲気の処など、
一生懸命聴いていた記憶がある。

今日は何度も「雨だれ前奏曲」
を聴いていた。


雨を こんな風に美しく表現できたら
素晴らしいな。

雨にも色々な種類がある。

暖かい雨もあれば冷たい雨もある。
美しい雨もあれば汚れた雨もある。

溜め込む雨もあれば
流してくれる雨もある。

それを どう 作品で表現するかって
シチュエーションの設定から、
世界観の彩度・明度まで
考えなければならない。
ありきたりの言葉で十分伝えられる
事と、不可能な事が出てくる。

お決まりの音楽理論に
乗っ取ると かなり つまらない
曲になるのは周知の事実だが、
かと言って あまりにはみ出すと
前衛以上になってしまう。

よく不協和音の曲を弾くと
間違えているのか合っているのか
わからないことがある。

でも、不協和音って たまに
入れないと強い緊張感が
出ないし 面白みがなくなる。

実は使い方によって美しい音
にもなる。長く伸ばさないで
次へ移ればいい。

自分で最初に創るデモを聴くと
かなり使っている。
意識していない処が何ともいえない。

雨って それ自体が音楽だと思う。

自然界の音楽…

それは地を鳴らし
植物の葉を叩き、建造物を打ち鳴らす。

水面を風と共に微妙に滑る音を
かき立て、氷に混じり
激しく唸る。

雨は そんな事を考えさせてくれる。

カテゴリ:1音楽 2メンタル 3日記
2014-03-05 19:07:14|投稿者:Nachiko
トラックバックURL