Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

あの情景

PM2.5と花粉と黄砂で東京の景色が 一変に変わった時。
私は ある店で珈琲を飲んで大きな窓から外の異常な風に吹き荒れる様子を見ていた。
それは まるで以前書いた私の2thアルバムに入っている“無彩色の情景”だった。

無彩色の情景

厚いコンクリートに四方を囲まれて
2重の防音窓に守られて
敷かれたレールを素直に歩けば
それで良い子になる

生まれた時からママがいて
大きくなってもパパがいて
優越感に浸って生きるもんんだと教えられた


学校では支配できない人種は
殺すものだと教え込んでる


ある朝起きたら 全ての色が無くなり

点と線に囲まれていた
夢の続きかと思って
寝直したけど現実だ

無彩色の空に ベージュの太陽
あせた輝き 昔のフィルム
色は何処に消えたのか
それとも 最初から無かったのか

信号と髪の毛の色しか
誰も覚えていない
学者も わからない

好きな色も 嫌いな色も
何も わからない 色って何だろ


こんな歌を歌っていた。「色」は個性でもあり、記憶、思い出、概念、当たり前だと思っている事全てを思って書いていた。

今思うと 必死に世の中に私なりに小さい存在ながら警告を鳴らしていたモノばかり。

色は 今や流行という隠れ蓑で個性は集団の中で消され、逆に目立ちたくないから流行を追う反面 内心
各々が個性を求めている。

そして現実に こうやって空はセピア色に染まり ふと気付くと小さなモノの色など気がつかなくなっている。

輝かしい科学の進歩は むしろ活かす方に使われている半面で、殺す方にも役立ってしまいプラスマイナスではゼロに、なってはいないだろうか。

時としてシュールだとか難解だとか言われていた私はシンプルな音、プログレッシヴな音、生ピアノなど何でも好む。

その詩の世界に合っていれば良い。

現実は 何よりも究極な非日常的要素を孕んでやってくる。
私は それを いつも考える。

2013-03-12 16:22:59投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
    コメント一覧
    コメントはまだありません。