Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

桜虚無

外は桜が満開。
時折 風に吹かれて花びらが舞う。

私は生まれて一度も花見をしたことがない。
小学生の頃から、レジャー・シートというものに縁がない。

晴れている日の桜は、とりわけ美しいのだろう。
その美しさも一緒に行く人によって違って見えるのだろう。
私の住むエリアには、暫く歩かないと桜の樹がない。
申し訳程度に、こじゃれたレストランの前に植えてある。
その前を、愛犬を連れて二人で通る。

街は いつも喧騒に包まれ、何事もなかったかのように、新しい高層マンションが建つ。
透明な壁の向こうに、公園ではホームレスが、きちんと部屋作りをしている。
そこにも どこからともなく、桜のはなびらが チラチラと舞い込む。
上品に着飾った人達より、きっと ホームレスの人達の方が効率よく荷物を片付け、
自然と共存しているのだろう。私の好きな光景は、ホームレスの人達の知恵により、
無限の天井下で、オープン・カフェを心地よ良さそうにしている季節だ。

窮屈な枠に囚われている肉体という括りが、魂の膨らみを抑えている気がする。
私達は、知らず知らずのうちに、大切な感じる心を失っていることに気づかない。
“平凡”という、崇高な目標は、なかなか手に入らず、目先で手に入った錯覚に陥る。

私が幼い頃、まだ浜松町駅から麻布までくるのに、都電が走っていた。4番に乗っていた。
渋谷に出るには31番に乗った。それが、今や、南北線と大江戸線が通る都会になった。
誰が、この陸の孤島に2本も地下鉄が乗り入れると想像しただろう。
一の橋から新宿まで12分で行けるのだ。
かつて、私が新宿駅西口から来ると、約1時間半近くかかった。
何と便利になったことかと驚く。その分、人は その便利になった時間を何に当てている
かと思うと、携帯やゲームに当てている人が目につく。

車で移動することが多いので、その光景を見ると、面白くもあり、時の流れを感じる。
せっかく桜が咲いているのに、心の中では 咲いていないように見えるのだ。
車のフロントガラスについた花びらを、ワイパーを立てながら、一枚一枚 指でつまんで
はがす風流な心は 何処へ行ったのだろう。

確実に 私達の感性は鈍くなっている。
そして、守られるはずの私達の権利も 知らぬ間に 奪われている。
唐突に書いてしまったが、そんな話を 日々の生活に交えて、ブログに綴りたいと思う。

人生を ただ無意味に送ったのではなく、「感じること」「大切なものを守ること」
「ボロボロでも 立ち上がれること」「人は愛で生かされていること」を拙いブログで
書きながら、次の自分の発信方法を準備していきたい。

2010-04-06 18:55:03投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(1) nice!  あしあと
1件中   1 - 1 件表示 ( 全 1ページ )
コメント一覧
guest
応援しています。
投稿者 小野サトシ   2010-11-28 00:25:54
1件中   1 - 1 件表示 ( 全 1ページ )