Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

タオルソムリエ

東京は寒い。さすが3月に向かう。
昨日の雪といい毎年 このシーズンは
決まって寒い。
湯船に浸かってホカホカに暖まり、
フカフカのタオルに体を包む。

これで冷たいルイボス茶を飲んだら
極楽なのだ。

それにしても、いつの頃から
バスタオルが こんなにフカフカに
なったのだろう?
思い出しても思い出せない。

子どもの頃は もっと薄かったような
気さえする。

それに手拭いが普及していた気がする。

私の中で祖母が愛用していたのが、
手拭いだった記憶がある。

お祭りの時も豆絞りの染めの
手拭いを捻って御神輿を
担いでいる人達がいたし。

ムッシュの歌にも
「〜腰に手拭いぶら下げて」
とバンカラ学生を描いている。

手拭いは日本の文化だとヒシヒシと
感じるのだ。

歴史は日本の織物の歴史でもある。
古くは麻や絹でできた平織物だった
と書いてある。

平安時代から庶民は麻を、高貴な者は
絹織物を使用し、
江戸時代初頭前後に綿が日本でも
大々的に栽培されるようになり、
綿の手拭いが普及した。

奈良時代・平安時代・江戸時代と
手拭いは それぞれの用途を持って
存在していたのだ。

江戸時代には都市近郊で銭湯が
盛んになったことや、奢侈禁止令
(贅沢を禁止して倹約を奨励する法令
および命令の一群)により、絹織り
の着物が禁止され、木綿の着物がよく
作られるようになると、端切れなどから
も作られ、生活用品として庶民に
欠かせないものになった。

この頃から「手拭い」と呼ばれるように
なり、入浴に使われたものは、
「湯手(ゆて・ゆで)」とも呼ばれた。

また実用だけでなく自身を飾る
オシャレな小間物として己の
主義主張を絵文字の洒落で表し、
染めぬいたものを持ち歩いたり、
創作したり、「手拭い合わせ」という
品評会を催されるまでになり、
折り紙のような趣きとして
「折り手拭い」という技法もうまれ
庶民の文化として浸透していった。

他に古典芸能の小道具、祭りの衣装、
お年玉など時節や節句の縁起物として
の贈答や、餞別や心付けから大入りや
興行の景気付けの祝儀や見舞いの
不祝儀としても配られた。

明治時代には「注染」という技術が
新たに考案され、もっと複雑な図柄にも
対応できるようになった。

ただし、文明開化とともにタオルや
ハンカチといった物の流入や日本古来の
ものは、古い時代遅れといった風潮から
排斥されたり廃れる傾向にあり、
手拭いもその一つであった、

現代では粗い平織りで長さのある手拭い
にはタオル地製品にはない利点があり、
農作業、伝統芸能、祭、剣道などでの
かぶり物、ヘルメットの裏地、はちまき、
目隠し、汗ぬぐい、商店などの贈答品や
イベントの際の記念品としての
需要も少なくない。

近年では見直され、風呂敷と同様の
包装としての利用方法の提案もあり、
和小物の店や手芸店で見ることが
できるようになった。wiki参考

祖母が手拭いばかり使っていたので、
私の周りには手拭いだらけだった。
思えば祖母は明治生まれの人だった。

手拭いを器用に使っていた。

記憶の中に、お世話になった方に
母が日本橋三越で絹のハンカチーフに
刺繍がしてあるのをケースに入れて
お渡ししていたような時代もあった
くらいだ。

今考えると頭に「?」がつく。
絹のハンカチなんて すぐ濡れ吸水性が
ない。

それでも父は絹の靴下しか履いたことが
なかったと言われたと母が言っていた
のだから絹という素材も何かしら
使いかっての良い面もあったのかと
思う。私には わからないけど。

でも、私には 段々と手拭いが廃れて
くると祖母が晒を買ってくるように
なったのを覚えている。

こよなく手拭いを愛していたのだと
思うのだ。
暑い日には頭に被り、寒いと首に卷き、
熱が出れば氷嚢を手拭いで包み……

それが いつのまにか気づいたら
タオル文化になっていた。
家に手拭いを探してもない。

一体どこへ行ってしまったのだろう。

タオルにも歴史がある。古いのだ。

石器時代のスイス湖畔にある住居跡で、
手や体を拭って乾かすのに使われたと
推測される毛や木の内側の皮、亞麻など
を使った織物が発見され、これらのものを
タオルの原型とする説が一般的だ。

日本では1872年(明治5年)、大坂税関に
初めて輸入された。

当時は非常に高価であり、手拭いと呼ばれる
平織りの和手拭いが普及していたため、
主に襟巻きとして使われていた。

タオルのサイズ

バスタオル
幅60〜70×長120〜140cm

スポーツタオル
幅35〜40×長100〜120cm

フェイスタオル
幅35〜38×長80〜85cm

ウオッシュタオル(ハンドタオル)
幅32〜35×長35cm

ハンカチ
幅20〜25×長20〜25cm
(メーカーによって多少の誤差はある)

と、こんなに大きさが豊富なのだ。

しかも厚さも違って薄いのから厚いもの
まである。

高級なホテルに泊まるとバスタオルの
厚さが違う。

いつの間にか、大切な日本人の
手拭い魂はタオルに占領されてしまった
のだ。その心地よさには
勝てなかったのかと思うが、
時代を考えれば用途が変わっただけだとも
受け取れる。

私がバスタオルを よくみるのは
近所にタオル専門の店があったせいかも
しれない。

あとは犬猫達がいるので、いつも
多量のタオルを用意しておかなければ
ならなかったので、何処へ行っても
まずタオル類を買うという習慣が
あったからかと思う。

そんな私の目に止まったのが、
「タオルソムリエ」という不思議な資格?
だった。

これは今治商工会議所・四国タオル
工業組合が実施する検定試験である。

タオルの「歴史」「文化」「製品」
「顧客サービス」「ブランド」
などタオルの習熟度を認定する試験で、
2007年より実施されている。

全50問で100点満点中80点以上で
合格。

2012年にはタオルソムリエが1000人
を突破し受験者数も過去最高になった
という。

合格率をみると
悪い年で47.1%、だいたい57〜65%
くらいの毎年の合格者の推移を
読み取れる。

色々なソムリエさんが出てくるものだ。
あの分厚くてフカフカのタオルを
もっと安く日常品として普及させて
くれればいいと思うのは私だけだろうか。

色も模様もいらないから素材感だけで、
吸水性の高い柔らかなタオルなら
申し分ない。

ブランドものというだけで やたら高い。
温泉に行ってくれる あの薄い
俗にいう温泉タオルは良く出来ている。

身体を洗うのにも適しているし、
絞って軽く身体を拭くのにも良いし、
すぐに乾く。
そういう工夫は さすが日本人と思う。
順応性の早さと工夫と知恵に感心する。

それにしても、ホテルのタオルって
タオルソムリエが選ぶのだろうか?
あまりにも露骨過ぎるでしょ?
タオルでグレードがわかっちゃう
なんて。

それって家で散財してフカフカタオルを
持って泊まればいいのだろうけど、
そういうタオルって持ち運びに
場所取るから…

よく出来てるもんだと思うのです。
寒い日の お風呂から どーーして
こんなに話が脱線するの?私。

2014-02-05 19:53:43投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(6) トラックバック(0) nice!  あしあと
    6件中   1 - 6 件表示 ( 全 1ページ )
    コメント一覧
    瑞恵さんへ柔軟剤が悪いのだと思います。でも、柔軟剤は あまり身体に良くないというので洗濯後も、ふんわり仕上がるし環境にも優しい石けん洗濯洗剤にしようかと思っているところです。
    サイト管理者 Nachiko   2014-02-07 00:00:29
    馬鹿道マッシグラさんへ一応タオルのサイズの基準を大雑把ですが書いておきました。たまにタオルケットにしたくなるくらい大きなバスタオルってありますよね。
    サイト管理者 Nachiko   2014-02-06 23:56:42
    MWさんへうちの近所のタオル専門店は私が子どもの頃からあります。高級なイメージがあります。手拭いは、きっと浅草の仲店あたりに行くと専門店がありそうですけど、どうでしょう?今や高級品の気がします。晒に切り替えた祖母の気持ちが わかります。
    サイト管理者 Nachiko   2014-02-06 23:54:10
    guest
    現在普通に使っているタオルですが、過去はやはり手拭いが多かったですね?ハンカチもガーゼのハンカチも吸水性が良いと言う事で(特に子供が赤ちゃんだった時)お世話になりました。我が家でタオルを洗濯しても「ふわふわ」にならず、「ゴワゴワ」です。柔軟剤を工夫しても同じです。ソムリエの勉強をしたら「ふわふわ」にする方法も分かるでしょうか?
    投稿者 瑞恵   2014-02-06 08:53:49
    guest
    最近購入したパンダ柄のタオルを今洗濯中。広げてみて驚いたのは、フェイスタオルだと思っていたのが何とも中途半端な大きさの、スポーツタオルにしては小さくフェイスタオルにしては少し大きめの使いにくい物だと分かった時のショック!!!タオルの大きさには規定がないのでしょうか?これ、友達にもあげたんだけれど、友達も困ったんじゃないかと心配しています。
    投稿者 馬鹿道マッシグラ   2014-02-06 07:59:25
    guest
    確かにタオルほど品質の差が一目瞭然とゆーか、ひと拭き瞭然(?)のものはありませんよね。今治タオルは本当にいいですね。一枚しかありませんけど(笑)。むかしは、ただの無地で品質のいいタオルってのが、なかなかなかったように思うのですが、最近は結構あるので嬉しいです。タオル専門店だって、むかしはそんな店なかったし。さすがに手拭い専門店ってのは無いのかな?
    投稿者 MW   2014-02-05 22:39:16
    6件中   1 - 6 件表示 ( 全 1ページ )