Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

こだわり〜飲み物編〜

世の中 見渡してみると次々に
新しい飲み物が発売されている。
流行に全く無頓着な私は
相変わらず独自路線で
飲み物を選択してきている。

子どもの頃、牛乳神話に毒されて
いた両親に牛乳しか飲まされなかった
反動かもしれない。

両親の居ない所で祖母が
生温い麦茶に お砂糖を入れて
飲ませてくれたのが
子どもの頃一番美味しいと
思った飲み物だった。

成人して両親と別の家に住む
ようになってからは、
禁止されていた物を飲み出した。

真っ先に飲んだのは珈琲だった。
紅茶も飲んだ。

凝り性なので 初めての珈琲の
味がわかるまで飲んでいた。
豆で味が全く違うことを知って
紅茶同様に感動した。

知らないことは何でも感動出来る。

これは考えようによっては
素晴らしいことではないか。

自分のライフスタイルを確立させる
ために色々と試行錯誤するのは
愉しい作業だった。

今では普通に売っているが当時は
「鉄観音」というウーロン茶を
買って暫く試していた。

どうもウーロン茶は私の体質に
合わないと思い、また次の
お茶探しを始めた。

味的には すぐにFAUCHONの
アップルティーが気に入った。
それとミントティーを買って
よく飲んでいた。

そこらへんから お茶を色々
買いあさるようになった。

普段水代わりに渇きをいやす
ふんだんに飲むお茶、
まったりしたい時に飲むお茶、
体調で飲むお茶。

お茶の世界は本当に深いのだ。

グァバ茶はフラボノイドが多く
飲んだ後の清涼感が強い。
マイブームだった時期もある。

緑茶の世界も広くて その香りや
味には随分魅せられた。
ただ 私の感覚では緑茶は
飲む容器に こだわってしまう。

とても美味しいと思ったのは
八女茶だった。
日本人に生まれてきて良かった
と思ったものだった。

緑茶をガブガブ飲みたいと思い、
2リットルの容器に入れて
冷やして飲んでいた時期もある。

でも緑茶は入れたてが美味しい
から、香りのない緑茶は
渋みだけが残り美味しくない。

そこで さらに探す。
ちょくちょく行く沖縄で
ぎん茶を見つけた時はヒットだと
思った。これも美味しかった。

その頃から たまたま目についた
ルイボス茶が我が家に住み込む
ように居て、常に2リットルの
容器に作る習慣が出来ていた。
何故ルイボス茶なのか
思い出せない。

他の人がウチに来た時 出したら
クセがあって飲めないと
言われたのを覚えている。

それでも お茶探しを続けた。
私がアロマテラピーに凝っていた
時など、真剣にお茶探しを
していた。

アロマテラピーに凝っていた時は
各精油を沢山揃え、調合して
ホホバオイルに入れて小瓶に入れて
持っていた。

まだ世間ではアロマテラピーなど
流行っておらず精油も
専門店まで行き、やっと手に
入れていた。

精油の効果は確かにあり、
自然の力の凄さを痛感したのも
このおかげだと思っている。

私は本格的な方法を好むので、
アロマポットを買い、ローソクが
たくさん買いだめしてあった。

それを土台に考えると、
お茶も効能が同じと言えるので、
ハーブティーを選ぶのも
楽しかった。

簡単に ここにハーブティーの
種類と効能を書いてみる。

・アーティチョーク
肝臓 

・アニスシード
下痢 便秘 風邪 

・エキナセア
下痢 風邪 膀胱炎 

・エルダーフラワー
風邪 花粉症 

・オレガノ
風邪 PMS/生理痛

・オレンジピール
下痢 便秘 不安 

・カモミール
下痢 風邪 不安 

・ギムネマ
(糖尿病に良いと言われている)

・キャットニップ
風邪 

・キャラウェイ
便秘 

・クローブ
風邪 

・コリアンダー
便秘 

・サフラワー
PMS/生理痛 更年期障害 冷え性 貧血

・サマーセーポリー
便秘 

・シナモン
花粉症 

・ジャスミン
不安

・ジュ二パーべリー
むくみ 膀胱炎 

・ジンジャー
風邪 冷え性 疲労

・セージ
風邪 

・セントジョンズワート
不安

・ターメリック
肝臓 

・タイム
下痢 便秘 風邪 花粉症

・タンデリオン
便秘 PMP/生理痛 むくみ 肝臓 ニキビ
貧血

・チコリ
便秘 肝臓 

・ネトル
花粉症 むくみ ニキビ 貧血

・ハイビスカス
疲労 目の疲れ シミ シワ

・バジル
不安 

・パッションフラワー
PMS/生理痛 更年期障害 不安 高血圧

・ヒース
むくみ 膀胱炎 

・ヒソップ
風邪 

・フェンネル
下痢 風邪 便秘 むくみ 

・ペパーミント
胃の不調 風邪 花粉症 疲労 不安

・ホップ
PMS/生理痛 更年期障害 不安 

・マシュマロウ
胃の不調 下痢 

・マジョラム
不安 

・マリーゴールド
下痢 花粉症 PMS/生理痛 更年期障害
むくみ ニキビ

・マルベリー
便秘 貧血

・マレイン
風邪 

・マロウブルー
風邪

・ヤロウ
胃の不調 風邪 PMS/生理痛 更年期障害

・ラズベリーリーフ
下痢 PMS/生理痛 

・ラベンダー
下痢 更年期障害 疲労 不安 高血圧

・リンデンフラワー
むくみ 不安 高血圧

・リコリス
胃の不調 下痢 風邪 

・レモングラス
むくみ 肝臓

・レモンバーベナ
疲労

・レモンバーム
下痢 便秘 風邪 更年期障害 冷え性
不安 高血圧 目の疲れ

・ローズ
便秘 花粉症 更年期障害

・ローズヒップ
便秘 風邪 花粉症 疲労 膀胱炎
ニキビ シミ シワ 貧血

・ローズマリー
胃の不調 冷え性 疲労 貧血

とハーブティーの種類は幾つもある。

そこで思うのはアロマテラピーで
私は 気分がイライラした時に
よくラベンダーとバジルを調合して
アロマポットに垂らして炊いていた
ことから、これらのものが、
カレーの香辛料として使われている
ことに注目するのだ。

一年中カレーを食べている国では、
実に香辛料を豊富に使って、
色々なカレーを作っている。
人間の知恵って凄いと思うのだ。

全体的にハーブティーを
美味しいと思ったことはない。

ジャスミンティーが沖縄の、
さんぴん茶に似ているから
飲みやすいと思ったくらいだ。

ギムネマに至っては甘さを
感じなくなる。
だから、糖尿病の人に良いと
されているのかな?と思った。

ミント系に関しては好んで使われるが
本物のミントを使っている食べ物が
あるのか疑問を持つ。

アロマテラピーでは鼻詰まりの時に
ユーカリをティシュに数滴落として
嗅いでもらうと鼻が通ることが
多い。

ラベンダーのハーブティーも
効能が けっこう並べてあるが、
実際に使用してみると
ラベンダーは かなりの優れもので
有名な話で火傷をした人が
つける薬がなく、傷口に
そこにあったラベンダーオイルを
たっぷり塗ったら火傷の跡まで
きれいに消えて治ったという
話まである。

これは鎮静効果は個人差によると
思うが確かにあると思う。

自然の草花と触れることの大切さは、
こういった お茶にしてまで
書かなくても本来なら人間は
感じて生きていたはずだと思う。

ハイビスカスティーやヒップ系の
お茶は酸っぱい。

カモミールが何故か、リラックスの
代名詞みたく扱われているが
他にも まだ幾つもあるし、
個人差で選択すると愉しめると思う。

私個人は相変わらず 何十年間
飲み続けているのかわからないけれど
ルイボス茶をいつも用意してある。

いつだったか、私が あまりにも
ルイボス茶ばかり飲んでいるので
腎臓病で長期入院しているとかいう
人が、人を介して
主治医からルイボス茶を飲むように
勧められたのですが、
ルイボス茶って どんなお茶ですか?
と電話がかかってきた事があった。

私は飲んでいると何となく
体調が良いし、無いと咽喉の渇きが
取れない気がして自分の身体の
声に従って飲んできただけだった。
改めてルイボス茶について調べる
なんてしたことはなかった。

今回調べてみてビックリした。
以下調べたことを書き出してみる。

………………
ルイボス茶に含まれる主な成分
タンパク質の他、カルシウムや
マンガン、鉄、亜鉛やセレナ、
ナトリウムにカリウム、マグネシウム、
銅など…非常に多くのミネラルが
含まれている。

これらのミネラル類が非常に優れた
バランスで含まれており、その
比率は人間の体液の構成比と
非常に近い比率で含まれている。

ルイボス茶には
「SOD(スーパー・オキサイド
・ディスムターゼ)様作用」の
働きによって、喘息や鼻炎、花粉症
といったアレルギー性疾患の緩和や
諸症状の改善に有効な作用をもたらす
とされている。

この成分が抗酸化作用により、
免疫力を高め、さらに抗アレルギー
作用によって痒みや腫れ等の
炎症効果を抑えるのではないかと
考えられる。

特にすごいのが活性酸素の除去能力。

このお茶が他のお茶と大きく違う点は
古代の海水の成分とよく似ていること。
古代の海水のミネラルバランスは
人間の細胞が最も活性化すると
言われている。ちなみにルイボスが
育つ場所は大昔は海底だったそうだ。
現地の人が古くから不老長寿の秘訣
として珍重してきた。
…………………

まぁ、ちょっと調べたら出て来る
量が多くてビックリ。

確かに茶葉を買い忘れて飲まないで
いると私の場合は身体が欲する。

効能書きが凄くて これもまたビックリ。
子どもの頃 腎臓が悪かったのに、
すっかり治っているし、
かぶれやすかったのに治っている。

花粉症の時期は悲惨だったのに、
いつの間にかマスクもしないように
なっていた。

薬じゃないのだから効能と書いてあっても
半信半疑になる。薬だって西洋医学は
戦場医学だから対処療法だから、
根本が治るとは思っていないけど…

不思議と人間は自分に必要な物を
嗅ぎ分けるのかもしれない。

遺伝的な要素と座り作業の多い
私は頭痛持ちなのだけれど、
これも薬に頼らず寝起きの酷い
頭痛でも濃い珈琲に豆乳を混ぜて
飲むと治る。
毎朝 濃い豆乳珈琲から始まる。

ヘトヘトに疲れると
豆乳でホットココアを作って飲む。

身体を温めるためにおろし生姜を
絞って蜂蜜少しとレモンを加え
白湯に混ぜて飲む。

暑い夏はミントティーをキンキンに
冷やして飲む。

そして咽喉が乾いたら手作りの
イオン水を飲む。
フレーバーはレモンを絞った汁で。

でも生活での飲み物はルイボス茶で、
一年中2リットルの容器2本が冷蔵庫
に入っている。

紅茶は夏は冷たいアールグレー。
暖かい紅茶ならアッサムの茶葉を
豆乳で煮てロイヤルミルクティー
にする。

ダージリンは どちらでも飲みやすい。
ニルギリもストレートでいけるから
ダージリンと同じかな?

こうしてみるとアレコレと
飲んできて結局 飲むものが
同じでずっと続いているのだから
身体に合っているとしか思えない。

今は頭痛対策で濃く入れて豆乳で
割ってしまうからブレンドになって
しまったが、ずっと
珈琲も私はキリマンジャロだった。

そのくせコナも好きという、
自分でも趣味に一貫性がないと
思うのだけれど、美味しく飲めない
珈琲豆もあるので味覚の問題って
複雑なのかもしれない。

なんとなく美味しいとか、飲みたい
とか身体が欲するままに
生活してきたが、
こうしてみると自分にとっては
理に叶っているのかもしれない
と思わされた。

2014-01-22 21:07:38投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(6) トラックバック(0) nice!  あしあと
    6件中   1 - 6 件表示 ( 全 1ページ )
    コメント一覧
    馬鹿道マッシグラさんお茶は、フレーバーを愉しむものと、効用を必要とするものがある気がします。何となく煎じ薬に近い気がします。
    サイト管理者 Nachiko   2014-01-24 21:19:54
    久松さんへ私、ベトナム珈琲大好きです。スマトラ珈琲も飲んでいました。夏のアールグレーは、キーンと冷やすと最高ですね。私は ずっとオリジナルのチャイ作りに燃えているのですが未だに満足のいく味に仕上がっていません。
    サイト管理者 Nachiko   2014-01-24 21:17:27
    瑞恵さんへ野菜ジュースは自分でジューサーで絞って作るのが一番良いみたいですね。市販のは以前買ったことがありますが今は買っていません。濃縮還元も買いません。どうして、こう いちいち私は こだわるのだろうと自分でも思います。しかし調べると こだわってしまいます。
    サイト管理者 Nachiko   2014-01-24 21:13:27
    guest
    お茶は深いですね!
    私は主に珈琲を好んで飲みますが最近は手軽に飲めるティーパックの紅茶も楽しんでいます。
    楽しむような高級な物ではありませんが・・・気分転換になります。
    投稿者 馬鹿道マッシグラ   2014-01-23 11:22:25
    guest
    僕は大の珈琲好きで一日2~3杯はドリップで淹れて飲んでます。いろいろ飲むけど、好きなのはマンデリンやパプアニューギニア、タイなど東南アジア産地のアーシーな味わいのものですね。ただ、仕事で車の中で飲むのは紅茶です。今の季節ならジンジャーティー。秋や春はいろんなフレーバーティーをマグボトルに詰めて。夏は冷たいアールグレイ。ああ、もちろん夏は麦茶も大量に、こちらは大容量のスポールジャグに詰めてってます。それにしてもハーブティーって相当たくさんの種類と効能のバリエーションがあるんですね!

    投稿者 久松   2014-01-23 06:29:23
    guest
    私の飲み物は、今は野菜ジュースを手放せないのと、夏に飲む冷たい麦茶、普通のティー、コーヒー、ミルク(冷・ホット)位かな?
    おしゃれな⚪️⚪️ティーとかって、飲んだ事がない。
    初めて飲むものには勇気が必要。
    口や喉が渇きやすいのでいつも飲み物を側に持っていたいのだけれど仕事中はそんな訳にもいかず我慢しています。
    投稿者 瑞恵   2014-01-22 22:22:40
    6件中   1 - 6 件表示 ( 全 1ページ )