Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

感謝が花束になったら…

今日は ここに感謝の気持ちを書きたい
と思います。

思えば以前Epic Sonyと専属契約をして
いた頃の私は その後 自分の身に
降り掛かることなど想像もつかないで、
ひたすら音楽に没頭しておりました。

私のスタンスは今でも同じですが、
何かのせいにするとか、
誰かを恨むとかいうのは、
自分が辛くなるので好みません。

該当する言葉が見つからないので、
あえて表現するとすれば
異次元に空間移動したような
感じとでも言えるでしょうか。

歌詞には「あきらめを学ぶのよ」
とか書いたりしていますが、
凹んだり、何故この空間に
自分がいるのか?と
物凄い違和感の中に放り込まれても
全力で突っ走ってきました。
正しいか どうか わかりません。

不平不満と愚痴は あって当然だと
思っています。

できた人間ではないので、私は
動物達を相手に語り掛け、
自分が飛ばされた異次元と
思われる空間で自分に与えられた
事を 毎日こなすので
精一杯でした。

よく「挫折」とか「敗北感」
とかいう言葉が書かれていたり
しますが、
私自身 思った通りに進まない、
希望通りに生きていけないのが
人生の醍醐味なのではないか?
と自問自答した時期も
ありました。

そう思えば、「挫折」も
「敗北感」も感じなくなります。

「あきらめ」は学べるものではなく、
「あきらめ」は次のステップに
進むために一度 狭視にならず、
もっと俯瞰的に客観的に自分を
見つめるための糧だと
受け取ってきました。

人の世は上を見たらキリがなく、
下を見てもキリがないことを
身をもって体験してきました。

処世術にたけているわけでもなく、
友達がたくさんいるわけでもなく、
自分は一体何なのだろう?
などと考える余裕もない毎日で
私の居た空間は今以上に、
正義と真実など無いと確信させられる
空間でした。

季節が巡り その季節になると
その時期の果物が生るように、
物事には時期があるのだと思って
小さいながらも希望だけは捨てずに
やってきました。

その希望の灯火さえ消そうになった時、
その灯火を消さないように
支えてくれる仲間のおかげで
新譜を作る土台が出来ました。

いつの間にか空間は元に戻っていて、
私の周囲には懐かしい仲間と
再会することも出来ました。

新譜はEUにもiTunesで配信され、
物凄く久しぶりのライヴも
やらせて頂きました。

そこで私は、ずっと
ナチコさんの音楽を聴いていました、
と言って下さる方達と初めて
お会いすることができました。

信じられないほど嬉しい時間を
過ごすことが出来ました。

その後、メッセージを頂くことに
なりました。

全く存知上げなかった方が私の
音楽を聴いていて下さり、
今回行けなかったけれど
次は いつライヴをやりますか?
とか 温かいメッセージを
下さって 私は今回のライヴでは
お目にかかれなかったけれど
本当に この長い時間を私の
音楽を聴いていて下さっていた方達
のことを知りました。

デビュー当時に生まれた方まで、
どうやって私を知ったのか、
私を知っていて以前のアルバムも
聴いて下さっていることも
知りました。

驚きしかありませんでした。
空間移動して元の空間に
確実に戻れたのだと肌で感じました。

もったいない言葉の“ファン”と
称する方達が私のファーストから3ndの
復刻版まで再販するという
働きかけをして下さいました。

これは自分で言うのも
おこがましいのですが、本当に
良い出来のアルバムでした。

ドドっと出たように思われて
いますが、作品は物凄い量の中から
厳選されておりまして、
それぞれのアルバムは感慨深い
ものがありました。

ファースト・アルバムはジャケットも
ニューヨークで大きな賞を頂きましたし、
私は水平線と地平線をイメージした音を
好み、2ndと共に中村哲さんアレンジで
譜面より先に歌詞カードを先に見せてと
言ってくる森園勝敏さんのギターが
冴えていて素晴らしいと自画自賛して
喜んでおりました。

参加ミュージシャンの方達の
イメージが膨らんでくれて、
それはそれは予想以上の出来になった
と思いました。

そして3ndは あのYMOでギターを
弾いていた大村憲司さんと和田アキラ
さんや青山純さん達で、これもまた
籠もりっきりで今はない
信濃町のSONYのスタジオで制作した
ものでした。

偉大なギターリストだった大村憲司さん
は召され、つい最近ドラマーの
青山純さんも召されました。

「青ちゃんの訃報」という
連絡は最近では とてもショックな
出来事でした。

毎日Facebookに
「おはよう。今日はお天気良いですね」
とか必ず入ってきて、それを見ると
妙に安心したものでした。

そんな思い出たっぷりの
3枚のアルバムも復刻することが
出来ず、それこそ再販など
今まで何回か元のスタッフに
相談した経緯もあったので、
原盤紛失と言われ もう存在しない
ものだと信じていました。

過去に捕われず、「今を頑張る」
と決心して そうる透さん
プロデュースでアプローチを
変えて それでもナチコを活かす
アルバムを作ろうということに
なって 素敵なミュージシャン達と
出会いました。

今まで とにかく今を頑張る!
を通してきましたから、
ライヴにたどり着いた時、ホっと
しました。

おかげで 前のアルバムを復刻させる
という動きをリスナーの方達が
して下さり あり得ないはずの事が
起きました。

私が音楽に復帰するまでに、
クリアしなければならない問題が
山積みだったのを裏から協力して
片付けてくれるスタッフ 会社の方達
のおかげで、凍結されて封印されて
いたかのような以前のアルバムから
2曲もライヴで歌うことが出来ました。

私は自分の作品を 自分で歌うことさえ
面倒な状況でしたから復刻盤は、
全くありえないと思うようにして
おりました。

どのくらいの状況に置かれていたかを
説明するのは控えますが、
魚の私をカラカラの陸地で
身動き出来なかったのを、きれいな水に
戻して下さったのは貴重な仲間、
温かいミュージシャン達、
そして もったいなくも“ファン”と
おっしゃって下さる方達の
最後の大きなドカンという
物凄いパワーの賜物でした。

こんな30年などという長い
年月を経ても、ここまでして
下さるファンとおっしゃって
下さる方達に実は待たれていて、

実際 次の作品を期待しますと
まで おっしゃって頂ける
など、光栄という言葉ではなく、

もう どう表現したら良いか
わからない感激でした。

皆様の再販への運動は、
熱くて真剣なのが伝わって
きました。

頂くメッセージを読んでも、
涙が出るような内容でした。

私は「Nachikoのファンです」
とおっしゃって下さる方を
心から尊敬しています。

私の方がファンになるような
方達ばかりなのです。

きっと直接メッセージを
下さらないで、このブログだけを
読んでおられる方もいるかと
思います。

私のファンとおっしゃって下さった
方達が、毎日何らかの形で
支えて下さっています。

このブログも そのおかげで
続けることができ、安心して書く
ことが出来ております。

まだまだ私の方から存じ上げない
方達も おられると思います。

影で どれだけ支えて下さっているかも
わかりました。私は皆様を
誇りに思っております。

そして、これから出会う方
こんな素敵なファンに支えて
頂いているNachikoという
一人の歌うたい・クリエーターに
興味を持って頂けたら嬉しいです。

皆様 この場を借りて
言い尽くせぬ感謝の気持ちを
ここに記したいと思います。

すでに次の動きは もう
ありまして近々 報告致します。

あと本人は根っからのプログレ人間
でもあるのですが、
試してみたいこともあるので
これからは 歌うたいの部分での
チャレンジとクリエーターとしての
部分も含めて頑張っていきたいと
思っております。

私は自分の この世での役目は
小さくてもいいから
「光と感謝」を発信していく事だと
思っております。

暗闇を知る人間でなけれが光は
表現できないと思っています。
これからも このような私ですが
今まで通り宜しくお願い致します。
Nachikoより

2013-12-27 07:50:48投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(6) トラックバック(0) nice!  あしあと
    6件中   1 - 6 件表示 ( 全 1ページ )
    コメント一覧
    わかばやしさん
    とても ありがたく思っております。微々たる私を、ミュージシャンやリスナーの方達が一緒になって大きな雪だるまになって作り上げていける。そんな素敵な夢を持たせて下さるメセージばかりです。来年に向けての準備にもモチベーションが上がります。
    サイト管理者 Nachiko   2013-12-29 08:30:21
    ゆうけいさん
    長かかった年月を経て、やっと、こうしてお名前を知り 、お話を出来たことを嬉しく思っております。HPへの書き込みから何年経ったでしょう。私は帰還して、こんなに素晴らしい方達が居て下さったことを知る機会を得て、とても幸せです。本当にありがとうございます。不可能を可能にする事が出来るという経験を、皆様の お心とパワーで知りました。感謝の言葉って何て薄っぺらいのでしょう。
    サイト管理者 Nachiko   2013-12-29 08:24:47
    瑞恵さん
    本当に毎日コメントありがとうございます。皆様の励ましが何よりのパワーの源になります。毎日ブログを書くという自分に課したことが、やがてメッセージに繋がることを信じて、たまに書けないことがあっても続けていけるように頑張ります。
    サイト管理者 Nachiko   2013-12-29 08:15:14
    guest
    Nachikoファンでい続けて、本当に良かったと思いました。ありがとうございました。
    「い続けて」なんて書きましたが、実はまだ6年くらいの新参ファンです(苦笑)。初めて聴いたときは、本当にぶっ飛びました。こんなすごい作品群が隠れた存在のようになっていたことが不思議でしょうがありませんでした。再販により、これから今まで知らなかったリスナーにも届くことが、何だか嬉しくて仕方ありません。
    投稿者 わかばやし   2013-12-28 00:35:36
    guest
    Nachikoさんのお言葉の一つ一つに感動しながら読ませていただきました。本当に再発売おめでとうございます。今日あらためて3枚のアルバムを聴いておりました。本当に素晴らしい傑作ばかりでNachikoさんの歌が直接心に突き刺さってくるようでした。そしてあらためて青山純さん、大村憲司さんのご冥福をお祈りしたいと思います。
    投稿者 ゆうけい   2013-12-27 22:40:01
    guest
    Nachikoさん、本当に良かったですね! って言うより再販されて一番嬉しいのはファンである私たちですよ!
    Nachikoさんの透き通る声で宇宙を感じる事ができるのです。
    誰もが真似をできるものではありません。これからも応援します。是非良い曲を! ♫
    投稿者 瑞恵   2013-12-27 15:15:22
    6件中   1 - 6 件表示 ( 全 1ページ )