Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

訃報と思わないように…

今日は雑用で お籠もりもできず
夕方帰宅し、何気なくFacebook
を見たら久米大作氏の
[青山純 訃報]とのニュースが
載っていた。

え?嘘でしょ?

私は すぐに詳細を聞いた。
詳しく知って本当なのだと信じるしか
なかった。

涙を こぼしながら先に逝って欲しくない
ミュージシャンに
「身体を大切にして下さい」と
メールを書いていた。

毎日 「おはようございます」
で始まって、お天気の話をFacebook
に書いていたのが先週の金曜日くらい
だっただろうか?無かったのは。
気にしていなかった。

私の3thアルバムを叩いてくれた。
他でもCMとかでも一緒にやったし、
あのキレの良い素晴らしいドラムは
とても印象的な出会いだった。

私が他のパラレルワールドに行っている
時も、悲しい話は すぐに
入ってきた。
ギターの大村憲司さんが召されたのを
知った時も、自分は そこに戻させて
もらえないのだと一人で泣いていた。
追悼のサイトに色々な事を書き込んで
いるのを、ただ眺めていた。

日付けが変わって昨日になるけど
青ちゃんが召されたこと、
私が やっと音楽に帰還できた直後だった
だけにショックが大きかった。

皆に元気でいて欲しい。
Facebookは青ちゃんの事で一杯に
なっていった。

「私 戻ってきたよ」一言 顔合わせて
言いたかった。

身体が心配なミュージシャン…
大丈夫だよって私に言うけど
信じないんだからね!

帰還ライヴ終わって早々に
何か時代が動いて行くようで
表現できない気持ちになる。

今せっかく メジャーコードの曲を
書いている最中なのに。
パンと広がる良い感じにサビを
ずっと考えている処なのに。

「人間は皆一人だよ」って今回言われた。
でもね、でもねって言いたくなっちゃう。
よく前 「でもね でもねの奈智子さん」と
樹木希林さんに言われていた。
私の口癖なのかな?

寂しいこと 悲しいことって 
はい そうですかって思えないから。

諸説はあっても人は召されると
必ず魂の重さだけ体重が減るの。
肉体と幽体が離れただけ。
魂には終わりはないって信じている。

私の愛読書の東大病院の救急専門医が
長いこと救急医療に関わって
不思議な体験をして書いた本がある。
全く魂とか霊とか信じていなかった
医師が、とても不思議な体験をして
綴ってあるのだ。

だから、私は人間は見た目は
たった一人かもしれないけれど
絶対に違うと思う。

そして召されるということは
避けられないことで、ただハードが
やられただけで中のソフトは永久に
残っていて目に見えない世界に
移行しただけだと信じたい。

だから訃報ではないんだって思いたい。
不老不死を望んで幸せな人などいない
ではないか。

そんなの望んでいる人は魂を悪魔に
売った人達ばかりではないか。

子供の頃から土葬のお葬式を見たりして
死生観とは、いつも向き合ってきた。
私は いつも一人ぼっちだったから
何故生きているのかとか疑問も
持って育ってきた。

でもね(やはり口癖ですね)、
私は どんな時でも そこにプラスに
変える事を考える特技がある。

さて、訃報を富宝に受け取れる
ように感性を研ぎすませなければ。
風や空気の中から
青ちゃんのドラムが聴こえてくるはず…

2013-12-04 07:35:50投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(2) トラックバック(0) nice!  あしあと
    2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )
    コメント一覧
    瑞恵さんコメント本当にありがとうございます。5年間で2度のお身内の死は物凄く辛いですね。「死」って何だろうと幼い頃から考えて育ちました。悲しいくらい死生観を考える人間でした。そこから、見えない世界を感じる出来事に遭遇し今に至っています。
    サイト管理者 Nachiko   2013-12-05 02:04:16
    guest
    訃報を富宝に・・・・・

    そうね? そう簡単な事ではないと思いますが、召された方への目一杯の想いですね?
    私も身内の死を5年以内に二度経験しました。
    言葉に出来ない気持ちが湧いてくるのはよく解ります。
    奈智子さんご自身も、お身体を大切になさって下さい!
    再開した活動を長く続けられる事を願っています。
    投稿者 瑞恵   2013-12-04 08:42:10
    2件中   1 - 2 件表示 ( 全 1ページ )