Nachiko Official Website

Nachiko's books.

Nachikoの電子書籍

詳細 >>

プロフィール

シンガー&ソングライター、音楽クリエイター、物書き、産業カウンセラー、思想家。

詳細 >>

ライブ情報

Now on SALE

オリジナル表示

Warming up


M1 紫の糸 ~光を~ La Lumière

M2Prisoner

M3  ホ・ン・ネ Real intention

M4 夕映え It was good die in loneliness

M5 幻華 Distractionof Ω 

 M6 体が風になるまで Return Me!

ボーナストラック:μμタンバリン(アレンジ&プログラミング:Team S)


Vo    Nachiko

Dr    :そうる透

Bass   :渡辺建

Bass   :和佐田達彦

G      :田川ヒロアキ

G   :竹内亨規

Key    :河野啓三

Key    :河本慎一

Vi    :武藤祐生

和太鼓 :響道宴


Mix :岡野高史

All Music&lyrics:舘岡奈智子

All Produce&arr.:そうる透

synclTV


La Lumière 

プレイヤー

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

11月27日帰還LIVEを終えて

すっかり風も冷たくなった この季節
私の ささやかな帰還LIVEに遠路はるばる
足を運んで下さった方、仕事を抜け出して
来て下さった方など本当に信じられないほど
感動する事の連続だった。
そこには懐かしい方も来て下さったり、
予期もしていなかった出会いもあった。
私は待っていて下さる方達がいる事を
何となく知ってはいたが実感がなかった。
あまりにも遠くて行きたくても 行けなくて
残念だとメッセージを幾つも頂いていたし、
目の前に 以前からの私の音楽が大好きだという
方がいらしても、きっとピンと来ないのではないか?
などと思っていた。
しかし 大きく裏切られた。
目の前に現れた私の音楽を ずっと聴いてくれていた
方達は言葉を絶するほど温かく優しく素敵な瞳をしていた。
知らないって恐ろしい。
思わず手を握りしめたくなる眼差しに感動しかなかった。
私を身近で知っている人は皆同じ事を言うと思う。
本人も自覚している。
とにかく処世術が下手なのだ。
嘘をつくと気分悪くて眠れなくなる。
陰口言うなら本人に直接言ってしまう。
愛想笑いも出来ない。
こういう人間は大抵 目立たない所で人が面倒がる事を
黙々とやることを好む。
他人には「損な奴」「大人になりきれていない」
と言われているのが わかっていても仕方がない。
これといって欲もなく、捨て猫や処分される犬達の
世話や家の老人介護をドッカリやり
この年で友達といえる存在と食事会なるものにも
行ったことがない。
やっと数年前位数本映画を観に行けた。
道行けばホームレスの人に目が行き
そこから監視の厳しい家から抜け出し
山谷に通ってみたりして、気づけば
私は常に何かしら家の事をしながら他の世界に
ワープして生きてきた。
メンタル問題でも深く首を突っ込み結局8年間も
大学のカウンセリング研究所に勉強に通って、
昼夜を忘れてパソコンとメールと対面ととで
カウンセリングに明け暮れた時期もあった。
私は そんな暮らしの中で自分と全く合わない
物凄いブランド志向の高い私学に娘を入れ、
スタイリスト&ヘァーメイクの友人に相談し
‘’私学のママ・ファッション”なるものを
教えてもらったりして発狂しそうになって
頑張った。何しろ私の住まいは都心の
ドーナツ現象で公立の学校が一クラスが
数名という所で、しょっちゅう合併統合の
繰り返しだった。選択するにも、まともに
子供の数が揃っている学校を家の近所に
探したら私と別世界のママ達の巣窟だった。
何故 子供に勉強をしなさいとか言う必要があるのか?
何故 高級な服ばかり着るのか 私には理解できなかった。
私はピアノ一台と紙とペンと簡単な録音するものが
あれば天国だから 人の噂話も何も興味がない。
テレビはBBCかCNNをかけていたし、
ホームドラマを見ず、2年間構成とシナリオの勉強も
していたので台所で毎週ペラでシナリオを書いていたり、
そのずっと後は狭い試写室で試写会巡りをしたりして
今思うと ぎゅうぎゅう詰めの日々だったと思う。
当然 パラレルワールドなので思い出したくない地獄も
這いずり回って今ここにいるのが奇跡としか思えない
気持ちもある。
色々やっても 私は不器用で気づけば損をするという
図式は変わらず ここまでくれば乾いた笑いしか
出てこない生き方の連続できた。
要は 正直者は損をし、人生は あきらめを学ぶためにある。
そう思ったら、なーんだ。
私って空回りしていただけじゃないかと気づいた。
いつもいつも 音楽の世界に戻りたいと思っていた。
しかし複雑な問題があって不可能だとわかりながら
曲を書いていた。
本当の自分を生きることが どれだけ大変な事か!
嘘の自分を生きることなら簡単なのかもしれない。
お酒を沢山飲めて、憂さ晴らしが出来たら
どんなに楽だろうと毎日思っていた。
絶望は絶望しか連れて来ないのだ。
しょせん わかったような事を言っている人も
結局は他人事なのだ。
人は皆 違った苦しさや辛さを抱えて生きている。
一日に一食でも食事にありつける事に感謝して
生きている人は どれくらいいるだろう。
私は雨が降ったり寒い日には必ず、
屋根のある家に住めて良かったと感謝する。
それなのに 満足せずに豪邸を建てて自分だけの
ために お金を使う人を見ていると 凄いなーと
思う反面 私には真似できないと思ってしまう。
お金の使い道が また私はズレているのだろう。
自分へのご褒美なら 一杯のコーヒーがいい。
そんな私に3.11という強烈な出来事があった。
クラッシュ爆弾が脳みそに落ちた。
全てが吹き飛んだ。
改めて自分の価値観を見直した。
泣きながら曲を書いていた。
皆 何故 頑張って生きている人達に
もう これ以上頑張れないような人達に
「頑張れ」と応援ソングを書くの?
全く理解できない感覚だった。
私が書いた曲は
『それでも明日は来る』という曲だった。
聴いた人は、それを 絶望ソングだと言った。
違うの。絶望するからこそ「光」は来るの!
この世は闇と光で成り立っている。
闇がなければ光は存在しない。
必ず光りは存在するのだ。
苦しみが強ければ強いほど絶望する。
もし人間が肉体という物質だけの物だったら
この世は闇だけしかなく、不公平でしかない。
愛も希望も存在しない。
物体とか物質は目に見えるが愛や希望は目に
見えない。そんな物は信じないと言う人がいたら
どんなに寂しく悲しいことかと思う。
目に見えるものなど ほんのわずかなのだから
人間は もっと目に見えないものを信じるべきだと思う。
それは自分を信じることでもあるし、光を信じること
でもある。
私が光を信じ続けていると以前のアルバムのマスター
紛失という事が嘘だということが わかってきた。
複雑な以前の事務所の関係で私に隠されていた事実を
調べてくれる人達が動き出した。
自分の創った曲なのに歌えないなんて嘘みたい。
私は ここで良い勉強をさせて頂けた。
人って 憎んだり恨んだりしても こちらも気分良くない
からやめようって。
許すとか赦すとか言う意味をズッシリ32年間かけて
学ぶことができた。
私が音楽活動を途中で出来なくなった訳は色々
あるけれど今さら 何とも思っていない。
これ以上ない地獄のパラレルワールドも行ったから
怖いものはない。
私が ずっと願っていた本来の自分に戻るという夢は
果たすまでに、こんなに長くかかってしまったのだ。
やっと音楽の世界に戻れてレコーディングに入った時
感慨深かった。知っているレコーディングのやり方と
変わっていたけれど音を出すことが本当に嬉しかった。
レコーディングに至るまで本当に助けてくれた
大切な存在、音作りに入ってからは透ちゃんが
とても忙しいのに助けてくれた。
プロデューサーを引き受けてくれて、あとはもう
彼の十八番の「仲間は宝!」の世界に突入した。
そんな経緯があっての帰還ライヴだった。
ノープロモーションなのに わざわざ私を調べて
来て下さったお客様に頭が下がった。
本当に私の事 こんな長い32年降りのライヴなのに
忘れないでいてくれて来て下さった。
私は信じてもらえないほど方向音痴で、涙もろくて
イジメられっこで、ヘマが多くて 社交辞令も下手だけど…
そんな私が創った作品に共感して聴いて下さる方達がいる。
何て 素晴らしいことかと言葉を失う。
LIVEは今は無き六本木のピット・イン以来だ。
とても素晴らしいメンバーと一緒で楽しかった。
ステージの上から いや 今度は色々な所からでも
伝えていきたい。
光を信じる者は光に救われる。
闇を信じる者は闇に飲み込まれる。
楽しい楽しいステージは すぐに終わってしまった。
LIVEをやって初めて帰還した気持ちが湧いた。
これからは もっとLIVEをやりたいななんて
思ってしまった。
そこでも出会いがあったから。
繋がって行けるって思えたから。
私達 わかり合える…皆 仲間になれる!
そんな事を感じさせてくれたLIVEだった。
生の私を観て下さった方達 どう思われたかな?
以前のモデル時代はロングヘアーで女性らしいと
本人は思っていたけれど いつも
「少年ぽい」と言われてきた。
色気も何も無いのかもしれないな。
洗いざらしの真っ白なTシャツが好き。
Gパン履いて 一年中過ごす。
ハイヒールを履くと必ず転ぶ。
こんな私です。
改めて自己紹介してしまった。
もう 次に向けて動いています。
LIVEは周囲と相談しながら決めて行きます。
こんな世の中だから…
私のメッセージを伝えたいと思います。

2013-11-29 05:44:22投稿者 : Nachiko
この記事のURL コメント(4) トラックバック(0) nice!  あしあと
    4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )
    コメント一覧
    瑞恵さん遠い所から お越し頂きありがとうございました。32年間も お待たせしたのですね。すみませんでした。
    サイト管理者 Nachiko   2013-12-01 04:53:05
    雫さんお越し頂き ありがとうございました。言霊って、素敵ですね。発する人によって変わってきます。愛ある言霊を発したいですね!
    サイト管理者 Nachiko   2013-12-01 04:49:21
    guest
    27日はお疲れ様でした私は見に行って良かったと思いました。まだ、色々繰り広げられそうですし。きっと、いい帰還だったと思います。楽しみですね!これから
    頑張れっていう意味はたくさんあると思いますよ。意味よりその言葉を言う人の心が伝われば。言霊みたいな感じでしょうか?内容が濃いからコメントもひとつひとつ拾っていくとスゴーく長くなりますね!発信していってください待ってます

    投稿者 *雫   2013-11-29 22:19:25
    guest
    32年間(?)のブランクは全く感じられませんでしたよ!
    それ以上に内容的にも環境もバッチリ創りあげた不思議の国のNachiko が完成されていました。
    感動しました!
    どうか今後も益々Nachikoワールドを発信して下さい!
    投稿者 瑞恵   2013-11-29 19:15:57
    4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )